神戸の近く

淡路島水仙の見ごろは1月中旬~2月下旬・立川と灘黒岩 どっちに行く?

淡路島の水仙、ちょうど今!が見ごろです。2月下旬まで楽しめそうですよ。

1月20日(土)に水仙を見に明石海峡大橋渡りました。

暖かい日で気持ちよかった(´∀`)

ところで淡路の水仙郷は2つあるのを知っていますか?

淡路島「2大」水仙郷

明石海峡大橋を渡ってすぐの淡路サービスエリアでは、淡路の観光マップやチラシを配ってくれています。その中にあったのがこれ↓

灘黒岩水仙郷のチラシですね。上品で素敵なデザインです。

あれ?

灘黒岩水仙郷と並んで有名な立川水仙郷のチラシは?

 

はい。ありませんでした。

 

あ~やっぱり・・立川は・・その、アレかな・・(゚∀゚)

 

・・と思い当たる人、もしかしたら勘違いしているかもですよ?

子供連れでも立川の水仙郷は楽しめます

立川水仙郷

立川水仙郷は聞いたことなくても「ナゾのパラダイス」は聞いたことがあるかもですね。

洲本から県道76号線を海沿いに南下していくと、怪しい看板を次々に目にします。

これ系の看板がそれはもうたくさん。

UFO神社も立川水仙郷の中にあります。

そして入り口。

写真が小さくて見えにくいですが、おばさまがお二人しきりに手招きをしてらっしゃいました。

道中で、すでに怪しさMAXなのですが、中も宣伝に恥じぬ怪しさいっぱいです。

ナゾのパラダイスとは

ひとことでズバリ言っちゃうと「秘宝館」の類です。

立川水仙郷の中に「ナゾのパラダイス」の建物があり、男性と女性の営みの色んなことが赤裸々に、ええ、もう本当に赤裸々に展示されております。

はっきり言って面白いです。

15年前くらいに、当時彼氏だった旦那と行きましたが、今でもあの衝撃は忘れられず語り草になっています。

オススメする人たち

気心しれあっている恋人や友達、マンネリで悩んでいる夫婦などにはオススメです。

が、ナゾのパラダイスは18歳未満入場禁止なので子どもは連れていけません。

ただし!ですよ。

[the_ad id=”23″]

子供連れにも水仙鑑賞ならオススメ

水仙を鑑賞するだけなら子供連れでも大丈夫。

ナゾのパラダイスの建物に入らなければいいだけですから。

立川水仙郷入場料(ナゾのパラダイス料金含む)
  • 大人         500円
  • 子供(小学生~中学生)300円
  • 幼児無料
  • 駐車場無料

水仙の季節はこの料金で水仙とナゾのパラダイスを両方楽しめます。

公式HPに行くと割引券も印刷できます。

立川水仙郷公式HP

立川水仙郷はナゾのパラダイスの怪しさゆえに、健全な(?)方々からは敬遠されていますが、水仙だけを見に行くなら、とてもオススメなんです。

水仙が咲き誇っているところまで車で乗り入れ出来るし、水仙を楽しむ道はコンクリートで舗装されていて、階段も少ないので、ベビーカーのママにもやさしい環境なんですよ。

 

・・と、言いながら今回わが家が向かったのは、灘黒岩水仙郷です。

灘黒岩に行ったことがなかった&やっぱり好奇心旺盛の小学生の娘は立川に連れて行けなかったです。

外から「あの建物なに?」って聞かれるの目に見えてましたから・・。

灘黒岩水仙郷

灘黒岩水仙郷は立川水仙郷から県道76号線をさらに南下して30分くらいのところにあります。

こちらは怪しいところの全くない清廉潔白な観光地です。だからチラシも配ってもらえるのでしょうか?

灘黒岩水仙郷の詳しいレポートはこちらの記事をどうぞ↓

淡路島水仙郷 灘黒岩の駐車場情報・お弁当食べられる?トイレは?

[the_ad id=”23″]

筋肉痛を覚悟したら絶景が楽しめる

灘黒岩水仙郷は知名度が高いので、シーズン中の土日祝は混雑しています。

海がすぐそばに迫っている山の斜面に、水仙が一面に植えられているので、それはもう美しい絶景が楽しめますよ。

が、山の斜面なので鑑賞する道はすべて坂道です。杖の無料貸し出しもあるくらいです。

私、情けないことに翌日は筋肉痛に悩まされました。足や腰が悪い人にはちょっとオススメできないかも・・。

ただし明らかに80代であろうお年よりも元気に登っていたことは付け加えておきます。

灘黒岩水仙郷入場料

  • 大人         500円
  • 子供(小学生~中学生)300円
  • 幼児無料
  • 駐車場無料

何か協定でもあるのか、立川と全く同じ料金です。

立川と灘黒岩のポイント

この記事のポイントはこんな感じ。

立川水仙郷

  • ナゾのパラダイスが中にある
  • 水仙だけなら子供連れもOK
  • ベビーカーでも行ける

灘黒岩水仙郷

  • 海と水仙の絶景が楽しめる
  • 好奇心旺盛な子供と行っても気まずくならない
  • 清廉潔白な観光地
  • 坂道なのでキツイ

 

淡路島の水仙を楽しむ参考になったらとっても嬉しいです。