神戸の伝説

平清盛の五男・平重衡(才色兼備29歳)が捕虜として繋がれた松の跡【須磨区】

須磨寺 平重衡捕らわれの碑

山陽電車の須磨寺駅の改札を降りてすぐに『平重衡とらわれの松跡』があります。

平重衡は清盛の五男で、牡丹の花に例えられるほどイケメンだったらしい。

アニメの平家物語でも『素敵なナイスミドル』みたいな感じで登場してますね。

一ノ谷の合戦で、義経の兄の源範頼に捕らえられこの地に生えていた松に繋がれていたと伝わってます。

Instagramでざっくり解説

Instagramで平重衡ととらわれの松について写真とイラスト入りでざっくり解説してます。

どうぞフォローしてくださいね♪


伝説好きのあなたに超おススメの本↓

平重衡の色々なエピソード

執筆中

 

この本もめっちゃ面白い!↓


平重衡とらわれの松跡への行き方

平重衡とらわれの松跡は山陽須磨寺駅の改札をでてすぐ北側にあります。

住所〒654-0071 兵庫県神戸市須磨区須磨寺町1丁目13−1
地図
アクセス山陽須磨寺駅改札でてすぐ
駐車場なし
メモ24時間いつでも見られます