神戸の近く

鶴山公園の桜祭り時の駐車場情報♪津山城の歴史かいつまんで解説

この春休みは、母の故郷である岡山県を満喫しています。神戸ブログだけど、おとなり岡山県の情報もたくさん発信していきますね♪

 

今回は津山市、鶴山公園(かくざんこうえん)のお花見についてです。

 

3月31日(土)、私達家族と母、津山在住の叔父、叔母とで、津山が誇る鶴山公園のお花見に行ってきました!

今年は桜が早くて、「さくらまつり」開始の前日の3月31日で、ちょうど満開の桜。素晴らしかったです。

ただ、叔父宅から片道45分の徒歩だったのでちょーっと辛かったです・・。

鶴山公園とは?

サクッと駐車場情報とか知りたい人は目次からジャンプしてくださいね♪

津山城=鶴山公園です。

津山城の跡地を整備した公園です。

公園と言っても小山の城跡がそのまま残っていて、下から頂上までかなりの敷地があります。

そして上からてっぺんまで登るとかなり息切れします。

頂上には天守閣を再現した建物もあって、そんじょそこらの城跡とは格が違いますよ~。

歴史かいつまんで

超簡単に津山城の歴史を調べました。

築城

室町時代に山名氏が鶴山城を築きました。山名氏は応仁の乱で細川氏と戦った有力大名ですね。

時は流れて江戸時代。森忠政が美作の国の殿様になり、最初は違う場所にお城を築こうとしていたけど、なんやかんやあって、鶴山城の古城跡に津山城を築きました。

森家と津山城

森忠政って、あの森蘭丸の弟なんですよ♪

本能寺の変で最後まで信長に付き従ったあの森蘭丸です。ファンも多いのでは?

森家は四代まで続けたけど跡継ぎがいなくなって、徳川家の親戚の松平家が津山城を引き継ぎます。

明治の廃城悲話

明治4年の廃藩置県で、津山藩は北条県(はじめて聞いた・・)になって、津山城の売却が布告されたらしいです。

で、1250円で売却されて明治7年に取り壊しになったそうです。

津山の人たち悲しかったでしょうね・・。

[the_ad id=”23″]

入園料と開園時間

そんな歴史をもつ鶴山公園ですが、今は海外にもファンがいる素敵な城跡です。31日に行ったときも、外国人がいっぱいお花見を楽しんでいました。

なので管理費もかかるのでしょうね。残念ながら入園料が必要です。

入園料

大人:300円(高校生以上)

小人:無料

 

入園チケットの自販機が面白くて、団体用に10人、20人、30人・・・などのメニューがあって、1枚のチケットに人数が書いてあるだけです。

多分入園ゲートで人数を数えるんでしょうね。省エネでいいと思います。

開園時間

7:30~22:00

裏門は21:00で閉まります。

[the_ad id=”23″]

鶴山公園のさくらまつり

鶴山公園では「津山さくらまつり」真っ最中です。

吉本のお笑いタレントをよんだり、ステージイベントがあったり、なんと温泉体験もあったり、なかなか大きなお祭りのようです。

今年はニッチェのお笑いライブがあります。

津山さくらまつり公式サイト

鶴山公園さくらまつりの駐車場

さくらまつり時はとにかく車が混雑します。

駐車場はたくさんありますが、結構すぐいっぱいになるかも。

おすすめなのがアルネ津山(ショッピングモール)の駐車場です。

ちょっとだけ鶴山公園から遠いけれど(徒歩10分くらい)収容台数が750台あるので、入れないってことはなさそうです。

近くのスーパーの無料駐車場に停めて、鶴山公園に行こうと考えている人もいるかもしれません。

が、この時期はスーパーも自衛していて、ガードマンが駐車カードを配って時間をチェックしていますので、気をつけましょうね

鶴山公園周辺の駐車場

津山文化センター駐車場(下側)

住所:津山市山下68 収容台数88台

津山文化センター(上側)

住所:津山市山下68 収容台数70台

鶴山公園北広場

住所:津山市山下130-1 収容台数120台

衆楽園入り口

住所:津山市山北630 収容台数6台

衆楽公園駐車場

住所:津山市山北665-1 収容台数土日120台

アルネ津山駐車場

住所:津山市新魚町17 収容台数750台

津山市城南駐車場

住所:津山市山下5-20 収容台数81台

鶴山公園さくらまつりの日程

2018年は4月1日~4月15日です。

桜が早かったから、最後のほうは葉桜になっているかも。

桜だけじゃないお花見

鶴山公園は桜だけじゃなく藤や芝桜もみどころいっぱいです。

桜の時期に遅れた人も、芝桜で楽しめるし、5月は藤も素晴らしそうですよ。

 

日本の桜100選にも選ばれている鶴山公園。ぜひ一度足を運んでみてくださいね。