神戸の遊ぶとこ

北野異人館はゴールデンウィークに行ったら人!人!人だった

去年のゴールデンウィーク、30年ぶりくらいに北野異人館に行ってきました。30年もたつとやっぱり色々変わっていますね~。

 

北野異人館は新幹線の新神戸駅から徒歩で15分~20分です。駐車場は北野異人館の近くにコインパーキングが結構あるので車でも行けますけど、道が狭くて人があふれているので慣れてない人はちょっと大変かも。

もちろん私達は車で行きましたよ。

 

異人館は坂の途中に点在しているので、結構歩くのが大変です。小さいの子どもがいると、ちょっと大変かもしれませんね。

小学生の娘でもブーブーうるさかったです(゚Д゚)

 

ランチはチーズフォンデュ

異人館街のスイスシャレーというスイス料理店で、早めのランチをとりました。スイスといえばチーズフォンデュ。

家でつくるなんちゃってチーズフォンデュとは違って、さすがに本場の味な感じがしました!お値段は結構それなりにします。

 

山手八番館は混雑で断念

このときは、山手八番館に行きたかったんですが、相当混んでて、門の外まで行列がずらり。ゴールデンウィークの洗礼を受けました。

県外から親戚が来ていたので、ゴールデンウィークに行くことになったんですけど、やっぱり混雑がハンパないですね。

どうやら、座ると願い事が叶うと言われる「サターンの椅子」目当ての人が多い様子だったです。私達も座りたかったですもの。

[the_ad id=”23″]

ベンの家は剥製!剥製!剥製!

結局、多すぎる人にうんざりして、山手八番館は諦めて小さめな「ベンの家」へ。

家の名前になっているベン・アリソンは、ハンター兼冒険家だったそうで、この家の見所は、中にある動物の剥製です。

大きな白熊、鷲、白オオカミの迫力に圧倒されます。

壁にかかっているのは、トナカイや鹿の剥製。これ、映画とかドラマで見たことあるやつだ(笑)と思いました。

もちろん、床には毛皮も。部屋の中は、冒険家らしくワイルドな感じになってます。

女性のわたしも楽しめましたが、旦那と従兄弟のテンションが最高潮。やっぱり男性は好きなんですね。

小学生の娘はちょっとひいていました・・・。

結局この日はチーズフォンデュとベンの家しか行けなかったです。ゴールデンウィークはやっぱりナメたらいけませんね~。

 

普通の土日か平日に行こう!といいつつ、まだ行っていません。

近すぎるとかえってなかなか行けないものですね。