神戸のトリビア

メリケンパークの一角にあるオリエンタルホテルの隠れ要素知ってる?

別の記事では、文字が書かれた日本唯一の灯台を紹介しましたが、今回も日本唯一の灯台についてです。

神戸観光でもおなじみのメリケンパーク。

ポートタワーや海洋博物館、1基目の『BE KOBE』モニュメントなど、神戸の名所が目白押しの公園です。

メリケンパークは観光の方だけでなく、神戸市民の憩いの場としても親しまれているんですよ。

休みの日にはカップルや家族連れなどで賑わいます。

そんなメリケンパークの一角に佇むオリエンタルホテルに灯台が設置されているんです。

元々は中央区の京町にあったオリエンタルホテルの屋上に、港町の象徴として設置されていたんですね。

ところが、阪神淡路大震災によってホテルは倒壊してしまいます(今は再建されて営業中)。

その後、姉妹ホテルとして新しく建設されたメリケンパークのオリエンタルホテルに新たに設置されることになったようです。

初点灯は平成7年7月7日午後7時7分。777発の花火も打ち上げられました。

それからは来る日も来る日も、神戸の海を照らしています。

オリエンタルホテルに泊まる人はもちろん、夜にメリケンパークに行かれる人は、探してみてくださいね。

夜のメリケンパークはほんとにきれいですよ。

対岸はハーバーランドです。

下の動画は灯台点滅風景です(サムネがバグっててすみません)。

関連記事

メリケンパークの一角にあるオリエンタルホテルの隠れ要素パート2別の記事では、オリエンタルホテルの灯台について紹介しましたが、今回は別の隠れ要素です。 オリエンタルホテルは観光地メリケンパークの...