神戸のトリビア

神戸の海を照らす和田防白灯台(神戸第1防波堤東灯台)|日本で唯一の珍しい施しとは?

神戸は明治維新と共に開港し、日本の貿易の拠点の1つとなりました。

今でも外国船の出入りは多く、毎日、大量のコンテナの積み下ろしが行われています。

ちなみにウミキリンと呼ばれる、港でコンテナの積み下ろしをするクレーンの数も日本一だそうです。

本当にキリンに見えますね。

船舶の往来が多いということは、当然、灯台がありますよね。

陸からもいくつかの灯台が見えます。

その中でも、和田防の白灯台こと神戸第1防波堤東灯台には文字が書いてあるんですよ。

な~んだ。と言いたくなるかもしれませんが、実はこれが日本で唯一なんです。

そもそも、灯台に何かを書くことは法律で禁止されているんですよ。よそ見すると危ないですからね。

和田防の白灯台に関しては、相次いだ高潮の被害への安全祈願だそうです。文字は書道家の方が書いたもので、海上保安庁の許可を得てパネルを設置しました。

今回はポートアイランド南西側の外周にある緑地帯から撮影しました。

陸から灯台までは距離があるので、双眼鏡がなければ文字の確認は難しいです。

撮影する場合も、スマホではきびしいですね。望遠に対応したデジカメか一眼レフが必要です。

ちなみに、付近には駐車場がなさそうでした・・・

関連記事

メリケンパークの一角にあるオリエンタルホテルの隠れ要素知ってる?別の記事では、文字が書かれた日本唯一の灯台を紹介しましたが、今回も日本唯一の灯台についてです。 神戸観光でもおなじみのメリケンパー...