神戸の遊ぶとこ

十日えびす大祭を神戸の柳原蛭子神社で満喫する!

十日えびすって何?

十日えびす大祭とは、毎年1月の9日~11日の3日間に行われるえびす神社のお祭りです。初日の9日が『宵えびす』、2日目の10日が『本えびす』、そして最終日の11日は『残り福』と呼ばれています。

えびす様は七福神の中でも商売繁盛の神様。関西では『えべっさん』の愛称で親しまれているんですよ。十日えびすのことをえべっさんと呼んだりもしますね。

「えべっさん行こかー」なんて感じです。

どんな雰囲気?

十日えびすといえば、兵庫県西宮市にある西宮神社が最も有名ですよね。西宮神社はえびす様を祭るえびす宮の総本社で、福男を決める『走り参り』は特に盛り上がります。

この日に合わせて、神戸のえびす神社『柳原蛭子神社(やなぎわらひるこじんじゃ)』でも盛大なお祭りが催されます。

神戸市兵庫区にある蛭子神社は大通りに面していますが、普段の境内は静かで厳かな雰囲気です。

それが十日えびすの日には一転。活気に溢れたお祭りの場に変わるんです。商売繁盛を祈願するお祭りなので本当にたくさんの、神戸三大神社の初詣よりもたくさんの露店が並びます。

お店の明かりや境内の提灯がきれいなので、お参りは日が暮れてからがおすすめですよ。付近は歩行者天国になるので、子供連れでも安心して歩けます。でも迷子には気を付けてくださいね。

その露店が並ぶ先に蛭子神社があり、境内もやはり多くの人でにぎわっています。

順番に並んでお参りをし、福笹を買って、おみくじを引いて、舞いを見て、レッツ買い食い!

昔ながらのお菓子から最近のB級グルメまで、豊富な種類の露店が出ていますよ。

アクセス

JR兵庫駅を南側に出るとすぐです。

車の場合は周辺に有料駐車場がぽつぽつあります。コープさんの地下も有料駐車場として使えます。ただし、周辺は交通規制がかかるので気を付けましょう。