神戸のおいしいもん

神戸限定スタバを女子大生バイトの立場で紹介!異人館?中山手?

友だちの娘さんが大学生で、スターバックスでアルバイトをしています。

彼女に頼んで、神戸にしかないスターバックスの魅力について記事を書いてもらいました(´∀`)

 

私は神戸の大学に通っている大学生です。スターバックスコーヒーでアルバイトをしており、店員として神戸にしかない珍しいスターバックスの魅力についてご紹介したいと思います。

 

スターバックス神戸北野異人館店

日本でも10数店舗しかない、コンセプトストアと呼ばれる店舗の1つです。

洋館が立ち並ぶ北野の異人館エリアにあるお店です。

外見も内装も他のスタバとは違う!

外見も他のスターバックスとは違ってレトロな洋風なのですが、中に入ってみると内装インテリアも普通のスターバックスとは違うのです。

 

ソファや暖炉、額縁に入った絵画などが飾られていますので、まるで明治時代にタイムスリップしたような感覚になります。

 

メニューは他の店舗と同じ

残念ながら提供されるドリンクのメニューは他の店舗と変わりありません。

でも、いつもと違うレトロな雰囲気漂う店内でいただくドリンクは、特別な一杯になること間違いなしです。流行りのインスタ映えも狙えます。

 

平日の午前中がおすすめ

ただ、日本人だけでなく外国人観光客も多く訪れる場所なので、行くなら平日の午前中あたりが狙い目です。

アクセスは各線三宮駅から徒歩で約15分程度、または三宮駅から神戸市営バスです。

[the_ad id=”23″]

スターバックス中山手通2丁目店

関西初出店となる「ネイバーフッド」のスターバックス。

ネイバーフッドとは英語の意味の通り「ご近所」で、ネイバーフッドのスターバックスとは、ご近所にあるカフェって感じのコンセプトです。

看板もいかのもスタバ!って雰囲気ではなく、色使いも控えめなのです。

 

コーヒー豆の種類が豊富!

ちょうど1年ほど前にオープンした店舗で、ここは普通のスターバックスと違ってコーヒー豆の種類もとても豊富で、限定の「アイスファームマキアート」というドリンクを取り扱っています。

店員が私服

「ネイバーフッド」という名の通り、ただでさえ店員との距離が近めなスターバックスよりもさらに距離が近いです。なんと店員が私服で働いています!

ラテを注文すると必ずラテアートをしてくれ、店員によって柄も違うところが私はとても気に入っています。

限定ドリンクのほか、ワインなどのアルコールを提供しているので、本当に特別感溢れる「大人な」スターバックスです。

ネイバーフッド限定のスターバックスカードやマグカップなども取り扱っています。

アクセスは三ノ宮駅から徒歩10分

各線三宮駅から徒歩10分ほどのアクセスですが、おなじみの緑色のロゴがなく、入り口にスターバックスと書いてあるだけなので、少し分かりにくいです。

駐車場

駐車場はコインパーキングがたくさんありますけど、生田神社の駐車場が近くておすすめですよ。

 

お店の中でパンを焼いているので、入り口のドアを開けた時に広がる香りになぜかホッとします。

店内は木を基調としたデザインで、木を取り囲んだテーブルや、日当たりの良い席、ペット連れ用のスペースなどがあるので、まさに地域密着型の「ネイバーフッド」な特別感があります。

この店舗の周りもとてもおしゃれな雰囲気なエリアなので、お店でゆっくりした後周りを散歩してみるだけで気分転換できますよ!