神戸の遊ぶとこ

道の駅 淡河の野菜・週一の買出し 白菜・水菜はかなり安い!車中泊発見

最近、野菜が高いですよね。白菜なんて半玉で400円近く・・。

冬の手抜き・・いえ、定番料理、鍋も気軽に出来やしません。

野菜を買うなら道の駅

そんなときに活躍するのが道の駅です。

神戸は案外と道の駅が少なくて、その貴重な1件が神戸市北区の道の駅淡河です。

国道428号線を中国道吉川ICにむけて北上していく途中にありますよ。

ガソリンスタンドの小さな道の駅ですが、開店10:00前には行列が出来ています。

おそらくお目当ては、この時期、特に割安で新鮮な野菜ですね。

わが家では週に1度、道の駅淡河で野菜の買いだめをいたします。

地元採りたての野菜が安い!

今日、買った白菜なんて1玉170円ですよ?

もちろん大きさによって値段は変わりますけど、一番大きな立派な白菜でも380円でした。

水菜なんて、こんもりした一株が150円でした。

鍋にたっぷり使って、サラダに使って、油揚げと煮ても、まだ余りそうです。

 

今日買ったのは、すべて地元で採りたての白菜、水菜、白ねぎ(これがぶっとくて美味しい)、むかご、ブロッコリー、イチゴです。

 

あ、イチゴは決して安くはありません。「やすひめ」という品種で1パック680円。娘を連れて行ったから、買え買え圧力に屈してしまったのです。

でも、甘くて美味しかったです。

[the_ad id=”23″]

ちょっと珍しいものも

むかごも小さめでしたがビニール袋にぎっしりたっぷり入って300円でした。

素あげにして塩をパラパラすると、最高に美味しい1品です。

残ったものはご飯に炊き込んで、むかごご飯にするつもりです(´∀`)

 

道の駅淡河は野菜だけではなく、狭い店内をじっくり見ていけば面白いものが見つかります。

手作り弁当や素朴な田舎風のお菓子、地元で有名な肉屋のコロッケや肉のパック、淡河名産のチューリップなどなど。

 

露天には干物のお魚も売っています。

ここのおっちゃんが、気さくで商売上手ですな。

 

そばが絶品

ちなみに、淡河道の駅のレストラン?の「そば」は隠れた名品です。

食券式の簡素な食堂だけど、淡河特産のそば粉を使った「ざるそば」は、ほんんっとに美味しい!です。

機会があればぜひ食べてみてくださいね。

 

車中泊している人多いのかな?

道の駅を拠点に車で旅している人が、駐車場で車中泊をしているのかな?

他府県ナンバーの車を早朝からよく見かけます。

あ、駐車場といえば、お昼の時間帯は駐車場がいっぱいで入れないことが多々ありますので、お気をつけてくださいませ。

 

道の駅淡河のトイレは、ちょっと前まであんまりキレイじゃないような・・というイメージでしたが、今日行ってみたら改装されてて、ウォシュレットになってました!

 

華々しさはない地元の道の駅ですが、他府県からの友達も結構リピートしています。

お近くにお寄りのときはぜひ♪

 

道をはさんだすぐ近くには「豊助饅頭」という、知る人ぞ知る和菓子の名店があります。

豊助饅頭の記事はこちらをどうぞ