神戸の遊ぶとこ

王子動物園の番外編|残念?な動物たち

神戸市立王子動物園は神戸市が運営しているため、入園料はなんと破格の600円。中学生以下と65歳以上は無料なんですよ♪

定休日は毎週水曜日です。

王子動物園には130種類の動物たちがいます。どれもかわいいんですが、人間に合わせてポーズをとってくれるわけではありませんよね。

そんな動物たちのちょっと変わった姿に出会えた時はうれしさもひとしおです。

今回はちょっと残念?な動物たちをご紹介します。

いつもこうではないのでご注意ください。

シロクマ

シロクマは北極圏に生息しているので、日本の夏はつらいんでしょうね。雪が積み上げてありましたが、日陰で伸びていました。

ライオン

ん?

君は暑い所に住んでたはず。湿気に弱いのかな・・・。

レッサーパンダ

草むらに頭を突っ込んでますね。

手もダラリと垂れ下がっていました。

ヒグマ①

う~ん、ヒグマは微妙ですね。日本でも北海道にしか生息していないので、やっぱり熱いのかな。

それにしてもこのダラケ具合は(笑)

ヒグマ②

えっ!?

こ、これは・・・。

ダラケてるのか、それともサービスしているのか。

石を枕に、手足を放り出して寝てます(爆)

今回は夏の写真ですが、寒い時期にはカピバラが温泉に入っていたり、普段はあまり見られない動物たちの表情を探すのも楽しいですよ。

ファミリーでもカップルでも友達同士でも楽しめる王子動物園に行ってみませんか?

王子動物園への行き方

場所 神戸市立王子動物園
住所 神戸市灘区王子町3丁目1
地図
アクセス
  • 車の場合は専用の有料駐車場があります
  • 電車の場合は『阪急王子公園駅』のすぐ裏手です。『JR灘駅』、『阪神岩屋駅』からも歩けます。
駐車場
  • 2時間までは30分につき150円
  • 2時間~4時間までは30分につき100円
  • 4時間を超える場合は30分につき50円