神戸の遊ぶとこ

しあわせの村のプールの雰囲気は?気になるローカル情報まとめ

しあわせの村 プール

しあわせの村のプールはお手軽な値段で誰でも利用できる温水プール。わが家もよく利用します。

でも初めて使う時は「どんなプール?」「みんなどんな水着なの?」「客層ってどんな感じ?」などなど色々不安ですよね。

この記事ではしあわせの村のプール情報をまとめました。

その他のしあわせの村まとめはこちら

しあわせの村の駐車場やプール等の人気施設の情報まとめしあわせの村の人気施設、プールやトリム園地、芝生広場などの情報を地元民ユーザー目線で詳しくまとめています。...

しあわせの村のプール 最寄りの駐車場情報

プールがある『温泉健康センター』はP2駐車場が便利です。が、P2駐車場はすぐに満車になります。

しあわせの村の駐車場情報をくわしくまとめている記事があるので、参考にしてくださいね。

しあわせの村 駐車場 ゲート
しあわせの村駐車場がまるわかり!迷わせない損させないために書きました目的別に便利な駐車場の使い方やお得な割引情報をどこよりもわかりやすくまとめてみました。...

しあわせの村のプール料金

プール料金は夏季と冬季で値段が違います。

夏季は4か月間、冬季は8か月間なのでちょっと腑に落ちないのですが、温水プールの燃料関係なので仕方ないですね。

回数券を買うと下記の料金よりお得です。

夏季料金(6月~9月)

大人400円
子供(中学生以下)200円
高齢者・障碍者料金 ※250円
障碍者(中学生以下)※150円

冬季料金(10月~5月)

大人500円
子供(中学生以下)250円
高齢者・障碍者料金 ※300円
障碍者(中学生以下)※150円

※高齢者・障碍者割引について

しあわせの村のプールでは高齢者割引や障碍者割引が充実しています。必要な証明者を公式サイトからピックアップしてみました。

高齢者

65歳以上が対象で年齢が確認できる公的な証明書が必要です。

  • 老人福祉手帳
  • 健康保険証
  • 介護保険被保険者証
  • 免許証 など
障がい者
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
難病患者
  • 特定疾患医療受給者証
  • 先天性血液凝固因子障害医療受給者証
  • 小児慢性特定疾患承認書

しあわせの村のプール見学

パパと子供がプールに入ってママは見学‥なんてご家庭も多いと思います。

でも残念ながら見学者も同じ料金がかかります。

しかも見学者用の入り口がないため、普通の服を着たまま自動シャワーを通り抜けなければなりません。

真ん中をささっと歩けば多分濡れずに通り抜けられるはず。

頑張ってください。

見学はあきらめてプール受付前の中庭(パティオ)か畳の休憩室でのんびり本を読んでいるのもおススメです。

しあわせの村のプール営業時間と定休日

9時から21時までです。(受付は午後8時まで)

火曜日は9時~13時まで(受付は12時まで)

第3火曜日は定休日ですが、春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、冬休み期間、祝日は営業しています。

夏休み中は午前8時くらいからオープンしていたような記憶が。夏になったら確認して追記しますね。

メンテナンスのために臨時休業がたまにあるので注意!

しあわせの村のプール どんな水着でも大丈夫?

私が初めてしあわせの村のプールに行った時、一番気になったのは「ママ達はどんな水着来てるの?」でした。

意識高い系のスポーツクラブのプールのように、機能的かつお洒落な水着のママ達ばかりだったらどうしよう‥( ゚Д゚)

そう思ってましたが、結論から言うとどんな水着でも大丈夫!です。

基本的に人の水着なんてみんな見ていません。

上にTシャツ着て泳いでいる人もいるし、長スパッツ、長ラッシュガードパーカーで室内なのに完全防備している人もいます。

ビキニの人もいました。

ただし、スポーツタイプのビキニなら目立ちませんが、バカンス用の気合いの入ったビキニなら注目されるのは覚悟してくださいね。

ちなみにスイムキャップは必ず着用です。

しあわせの村のプール レンタル水着とスイムキャップ、ゴーグル

水着忘れた!‥の場合でも大丈夫♪

水着は410円でレンタルできます。保証金1,000円が別途必要で、水着返却時に返してくれます。

スイムキャップはプール内で無料貸出してますよ。ビートバンやヘルパーも無料貸出ししています。

ただしゴーグルは貸出ありません。

ゴーグルは着用必須ではないですが、プールの水はかなり塩素がきつめなのでゴーグルなしでは目が痛くなります。

顔を水に漬けるなら100均のゴーグルでもあったほうが絶対いいです。

しあわせの村内でゴーグルは売っていなかったはずなのでお忘れなく。

しあわせの村のプール内の様子と混雑状況

しあわせの村のプールは、大プールと小プールがあります。

小プールはほぼ水遊び用のプールなので、小さなこども連れ以外は大プールを使うことがほとんどです。

大プール

大プール
  • 25m×6コース
  • 水深 108cmから128cm
  • 浮き輪・おもちゃ使用不可

大プールは使用目的によってコースで区切られています。

  • フリーコース・・好きなように泳げるコース。2コース~4コースあり
  • 泳ぎきるコース・・25m泳ぎきれる人だけが泳げるコース。2コース~3コースあり

フリーコースは自由に泳いだり水中ウォーキングしたり出来ます。

高齢者の水中ウォーキングや障碍者の車いすでの水泳も可能です。水中ウォーキングをしている人はどの時間帯でもかなり多いですね。

泳げない人の練習もフリーコースで行います。

いろいろな目的の人がいるため、フリーコースでがっつり泳ぐのは難しいですね。

水泳教室も同じ大プールの区画を区切って行われているので、その時間帯になるとフリーコースが減るため混雑します。

がっつり泳ぎたい人は『泳ぎ切るコース』をおすすめ。

足をついたら絶対ダメ!というわけじゃなくて、足をついてしまってもすぐに泳ぎ始めれば大丈夫です。

小プール

小プール
  • 水深 38cmから48cm
  • 浮き輪・おもちゃ使用可

小さなこどもと安心して遊べます。

混雑状況

午前中の早い時間帯は土日でも空いていることが多く、夕方から21時までの時間帯も比較的空いています。

小学校の水泳授業が6月下旬に始まるので、5月頃から泳ぎを教える親子連れが急増します。

土日は本当に芋の子を洗うような有様。

お子さんに水泳を教えたい場合は、冬のうちにフリーコースで泳ぎを教え、5月頃からは泳ぎきるコースで仕上げ‥といった長期プランで計画するのをおススメします。

しあわせの村のプール 付き添いルール

  • 小学生6年生以上・・1人で利用できます。
  • 小学生5年生以上・・同級生以上の同伴者が必要です。
  • 小学生4年生以上・・中学生以上の同伴者が必要です。

中学生以上であれば保護者とみなされるようですね。

しあわせの村のプール内はスマホ厳禁!

一番最初に見学したとき、暇なのでスマホでゲームしてたら、かなりきつい感じで「スマホだめ!」って注意されました。

もちろん写真なんて撮ってませんでしたよ~。

貼り紙などないのでご注意を‥

しあわせの村のプールのまとめ

しあわせの村のプールの雰囲気が伝わりましたか?

お手軽なお値段で気軽に利用できるのでどんどん泳いで健康になりましょう♪

しあわせの村まとめはこちら

しあわせの村の駐車場やプール等の人気施設の情報まとめしあわせの村の人気施設、プールやトリム園地、芝生広場などの情報を地元民ユーザー目線で詳しくまとめています。...