神戸の伝説

志染の石室伝説|後の天皇2人が隠れ住んだ不気味な窟屋|神戸史跡巡り

ずっと行きたかった「志染の石室」に行ってきました!

期待にたがわぬ雰囲気たっぷりの不気味な場所で大満足♪

志染の石室の伝説をザクっとまとめ

志染の石室の伝説の要約
  1. 仁徳天皇のひ孫兄弟皇子、億計と弘計が政争から逃れて、播磨の国の志染の石室に隠れ住む。
  2. このあたりの里長の邸で下男として働くようになる
  3. 宴会で身分を明かして、のちの顕宗天皇、仁賢天皇になる

志染の石室のインスタ版紙芝居

志染の石室 志染の石室 志染の石室 志染の石室 志染の石室 志染の石室 志染の石室

志染の石室の写真紀行

志染の石室専用駐車場↓

志染の石室

十台くらいは停められそう↓

志染の石室

古い石碑が草に埋もれている↓

志染の石室

↓イノシシ対策の門を自分で空けて進んでOK

志染の石室

↓右手に比較的新しい石碑あり。なんだろ?

志染の石室

↓山道を2分程進むと

志染の石室

↓こじんまりした広場に到着

志染の石室

↓ここが志染の石室

志染の石室

この奥に洞窟が広がる↓

志染の石室

古びたお宮あり↓

志染の石室

↓水がたまっていて不気味。時々生物の声が響く。たぶんカエルでしょう。

志染の石室

↓休憩小屋? 正直休憩する気になれない。

志染の石室

↓中に由来案内あり。

志染の石室

↓外にはお地蔵さまがたくさん並んでいる

志染の石室

↓水の色が金色に輝くときがあるそう。近年では見られないみたいですね。

志染の石室 志染の石室

このあたり蛇が多いみたい。蛇の抜け殻がたくさんありました。

志染の石室

志染の石室の伝説についてのまとめ

この記事の参考文献

この記事を書くために参考にした本はこちらです。

志染の石室への行き方

地図上は三木防災公園の中にありますが、防災公園の中からはいけません。

わかりやすいい道順を紹介しますね。

※ 地図の画像はGoogleMAPです。わかりやすいようにスクショしています。

県道83号線(平野三木線)↓

志染の石室行き方

奥田橋東詰交差点を東へ

志染の石室行き方

黄色い丸で右折↓

黄色い丸の拡大写真↓

志染の石室

窟屋の金水(志染の石室)と看板があるのでそちらへ↓

工事現場っぽいところですが問題ありません。

志染の石室

↓志染の石室専用駐車場へ到着

志染の石室

 

場所志染の石室
住所〒673-0516 兵庫県三木市志染町
地図
アクセスバスなら神姫バスの「志染小学校前」が最寄りのバス停
駐車場専用駐車場あり