神戸の遊ぶとこ

須磨海岸の潮干狩り‥来年(2019年)100倍楽しむ注意点3つ

須磨海岸 潮干狩り

1ヶ月以上も記事更新サボってしまいました。

気を取り直して情報発信していきますのでよろしくお願いします♪

須磨海岸での潮干狩り?

先週末、須磨海岸の潮干狩りに行ってきました。

この潮干狩り、今年から開催されています。潮干狩りといえばちょっと遠出が必要だったので、手近な須磨海岸での潮干狩りはとても魅力的!

開催期間は、4月末から6月3日までで、会場はJR須磨駅降りてすぐの海岸でアクセスも抜群です。

小学生の娘は初めての潮干狩りで、2,3日経った今でも「すごく楽しかった!来年も行きたい!」と言っています♪

肝心のアサリはご近所にも配って、やっと昨日食べ終えました。

味が濃くてむちゃくちゃ美味しい!

ママ友の息子ちゃんはアサリ嫌いだったのにおかわりしたそうです。

それだけ喜んでくれたらアサリ冥利に尽きるでしょうね。

来年もぜひ開催してほしいです。が、須磨海岸での潮干狩りは、今まで体験してきた潮干狩りとちょっと違うところがあります。

そのため準備不足でちょっと困ったこともあったので、シェアしますね。

須磨海岸の潮干狩りは水着必須?

潮干狩りは干潟が広がっていて、海水はせいぜい足首のあたりまで・・ってイメージありませんか?

足元の砂をクマデで掘ってアサリを見つけていく・・私が今まで体験した潮干狩りってそんな感じだったんです。

でも須磨海岸の潮干狩りは、大人のひざ上くらいまで海水があって、しかもそのあたりに一番アサリが撒かれているんです。

拾おうとかがんだら下半身は海水まみれ必須です。

私はひざ上のショートパンツをはいていましたが、水着ではないので濡れないように腕を目いっぱい伸ばして、クマデの先っぽでアサリをすくい上げていました。

 

かなりストレスでした。

 

周りの大人をみても大体おんなじ姿勢でアサリを拾っています。

ある男性は股間ぎりぎりまで、ショートパンツ?をまくり上げ、食い込ませてがんばっていました。

ちょっと目の行き場に困りました。

 

私の娘は早々に濡れることを受け入れて、普通の服なのに水着のように全身浸かっていました。

着替えもってきてないのに‥。

だから、来年は水着必須!最低着替持参!をキモに命じておきます。

アサリは大きいものを選び抜け!

須磨海岸の潮干狩りの案内はこんな感じです↓

 

大人(中学生以上)1,600円
小人(3歳から小学生)800円
※団体割引あり
25名以上の予約 大人1,500円 小人700円
100名以上の予約 大人1,400円 小人600円
(価格は全て税込み・おみやげつきの料金です。)

お持ち帰り

大人 アサリ800グラム
小人 アサリ400グラム
※大阪湾で貝毒が発生している場合は潮干狩りで採った貝(アサリ)は出口にてすべて回収し、お持ち帰りの際にお土産用として検査済みのアサリを入場券(リストバンド)と引き換えにお渡しします。

 

結構良いお値段ですよね~。

でも、おみやげつきの料金ってことは、必ずひとり800gは持って帰れるの?

1個しか拾えなくても、お土産用のアサリが用意されているなら一生懸命拾わなくてもいいのでは?

なーんて思ってたわけです。

まあ、潮干狩りで来ているのですから、テンションはあがってすぐにバケツいっぱいになりました。

でも、頭のどこかで「お土産用の大きなアサリが用意されている」という意識があったので、割れているアサリや小さなアサリもどんどんバケツに入れていきました。

 

いざ、帰るときです。

係員の方に採ったアサリのバケツを渡すと、なんとその中から規定量のアサリを計って包んでくれたのです。

もちろん、割れたアサリや混入していた石などは除けてくれましたが、小さなアサリはそのまま持って帰ることになりました。

こんなことなら、大きいアサリを厳選しておけばよかった・・・。

ボンゴレの中の小さいアサリをたべながら心からそう思いました。

小さくても美味しかったですけどね。

潮干狩り会場はレンタルパラソルのみ

潮干狩り会場の中は、自前のパラソルやテントは持ち込めません。

1000円払えば、係員の人がパラソルをしっかり設置してくれます。危険予防のためらしいです。

会場外にテントやマイパラソルを設営すればいいのでは?

初夏でも日差しはきついので、日よけは絶対あったほうがいいです。わが家もレンタルパラソルで快適に過ごしていたのですが、ふと気がつきました。

潮干狩り会場は一般の砂浜ともちろん陸続きでロープが張ってあるだけです。

そして受付時にもらったリストバンドを見せれば、終日会場へは出入り自由です。

会場のすぐ外の砂浜にテントやマイパラソルで陣地を作って、休憩するときは会場外に出たらいいのでは?

そのときアサリは会場内のどこかにおいておくことになるけど、まあ別に盗っていく人もいないような・・・。

・・そんなことを旦那と話してましたが、来年もレンタルパラソルしているような気もします。

 

潮干狩り楽しかったです!

アサリも超美味しかったです!

 

来年もどうか須磨海岸で開催されますように。